Studio B meister(スタジオビーマイスター) お電話でのお問い合わせはこちら!体験レッスン開催中!

スタッフブログ

ブログ

2017年もありがとうございました!

こんにちは!Studio B-Meisterの広瀬です(^^)/

2017年もあとわずか。
皆さま年の瀬はいかがお過ごしですか?

B-Meister は27日(水)までを通常営業、そして本日はスタッフ揃って年末のまとめ作業の日ととさせていただきました(o^^o)

まずは朝から、武内代表による2017年最後のスタッフ研修!
11月にロンドンでにて開催された『ブリティッシュスタイル』のピラティス研修の内容について学んでいきました♪

DSC_0770

クラシカルスタイルとは少し異なる特徴を持ったブリティッシュスタイルのピラティスですが、今までとはまた異なった身体の使い方や苦手な部分を感じることが出来るアイデア満載の動きは、とても勉強になりました!

新年早速皆さまにお伝えしていきますので、楽しみにしていてください(^o^)/

そして、その後は1年間お世話になったスタジオの大掃除をし…
久しぶりにスタッフ4人揃ってのお食事にて、忘年会とさせていただきました♪

2017年は…
1月に広瀬が行かせていただきました、ロサンゼルスへの『クラシカルピラティス』研修から始まり

6月には、海外研修としては初めてスタッフの戸田も同行してイタリア/フィレンツェでの『Body Code System』研修へ。

そして、11月には武内がイタリア&イギリスへ。

その間にも、ピラティスツール『Arcus』の製作者『Trent McEntire』さんの来日研修に参加したり…
スタジオへアメリカ / サンディエゴ在住のピラティスインストラクター『Yoshinori Ito』さんをお呼びして研修をしていただいたり…
世界的にボディワークのイノベーターとして認められているピラティスマスター『Elizabeth Larkam』さんの来日研修に参加したり…

と今年もスタッフ各々が様々な学びをさせていただきながら、皆さまへより良いものをお届け出来ていれば幸いに思っております。

そして2018年。
いよいよ、Studio B-Meisterは5周年を迎えることができます!!
これもひとえに、いつも温かく支えてくださる皆さまのお力添えのおかげと、スタッフ一同心より感謝いたしております!

来年も、また進化し続けながら邁進して参りますので…
2018年もB-Meisterをよろしくお願いいたします!!

そして、皆様どうぞ良いお年をお迎えください!
新年スタジオにてお会い出来ることを楽しみにしております!(^o^)!

DSC_0777

千葉市中央区 ピラティススタジオ Studio B-Meister
  


動かすこと

こんにちは!Studio B-Meister の佐野です。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
12月も半ば、、、早いですね

先日女性のための運動についてのセミナーに行ってきました。
その中で、取り上げていた一つが寿命の話でした

日本はどこの国よりも平均寿命が長く
男性80・98歳 女性87・14歳
100歳以上の人はすでに6万1000人以上と言われている
そうです
もっと大切なのは『健康寿命』
健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間
寿命を延ばすだけでなく いかに健康に生活できる期間を延ばすかが
重要で、適度な運動習慣があることが望ましいそうです

女性はいくつかのライフステージがあります
非常にホルモンに左右されます。
そして、女性は男性にべ骨格も筋肉も小さい 特に上半身の筋肉は小さく
使わなければ歳を重ねるごとに弱くなってしまいます。

昔ながらの生活では  電気をつけるのに紐を引っ張るとか
雑巾がけして雑巾を絞る など(この雑巾絞りがいいそうです)
生活の中で知らず知らず使っていました。
今の生活では…どうでしょう?
電気もスイッチだし… ん~?あまり使ってなさそうですよ

女性のお悩みナンバーワンは 肩凝りです
上半身を使わない故起こりうるかも 特に肩周り肩甲骨を動かしてあげることで改善そして
予防にもなります
ピラティスでは肩甲骨周りを使うエクササイズがいくつもあります
生活の中にぜひピラティスを取り入れて
いつまでも健康であるために身体作りしていきましょう

千葉市中央区 ピラティススタジオStudio B-Meister


海外研修

Studio B-Meisterの武内です。

11月の中旬から下旬にかけまして海外研修に行っていました。

今回は前半にイタリア、後半にイギリスのちょっと長めの研修でした。

イタリアはもちろんフィレンツェ。

今年2度目です・・・。

マスターストレッチやボディキーの開発者であるピノ師匠の元でマスタートレーナー研修。

今回はイタリアのマスターや、トレーナーと共に過ごす機会も多くいつもと違った研修の雰囲気でした。

今回の研修はスケジュールがタイトで、ずっと身体を動かしたまま。

終われば空は真っ暗。

マスターストレッチもボディキーも復習しながら、新しい事にもチャレンジしたり長い時間の研修続きでした。

スタジオにもあるスカルプターのニューコースや姿勢改善メソッドARPDの内容も大きく変わり全部を学び直してきました。

この使い方は面白かったのでスタジオのイベントか何かでやりたいなと思っています。

お昼の休憩も思うようにとれなかったのでお腹すきっぱなしでしたが、久しぶりに修行的な研修を味わえました。

こうしたらどうだろ?と思えるきっかけも色々もらえたのでピラティスなどの指導に活かしていきます!

移動したイギリスではブリティッシュスタイルのピラティスの総本山、アランハードマンスタジオで学んできました。

特にアランのナンバー2でイタリア人のマウロから色々学び、沢山のバリエーションを知ることが出来ました。

動きと言うよりどう作っていくかという考え方に興味がいきましたが。

日照時間が短いので気持ち的にしんどかったですが、ピラティスをすると心も身体もスッキリ!

やはり動く事は大切だなと思いました。

また詳細を報告出来ればと思います。

Studio B-Meister
武内 将吾


2017年もラストスパート

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

戸田です。

いよいよ冬本番ですね!

街はどこもクリスマスのイルミネーションでキラキラしています。

スタジオも少しだけクリスマスっぽく♡♡♡

2017年もラストスパート。
トレーニングもメンテナンスもラストスパート!!!

お正月明けのだるさを少しでも軽減するために、
忘年会の暴飲暴食をなかったことにするために(笑)
何よりも2018年をすがすがしく迎えられるように

是非皆さまスタジオにお越しくださいませ♡

お待ちしております!

ちなみに私、戸田、2018年年女でございます(笑)

インフルエンザもついに流行ってきたようです。
皆さまご自愛ください!

千葉市中央区 ピラティススタジオ B-Meister


これはどこなの??

こんにちは!Studio B-Meisterの佐野です。
ここ最近めっきり寒くなりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

早いもので今年も残りわずかになりました
街ではクリスマス、年末モードになりつつありますね
この辺りから気忙しくもなるものです。元気に踏ん張りたい
ところです。

私は疲れたなと思った時 お肉を食べたくなるんです。
スタミナ=お肉=焼肉 という図式 笑
昔はカルビが好きでしたが 今は赤身が好きです

仕事柄?このお肉はどこの部位なのかな?
なんて調べてしまうこともあったり…
今日はお肉雑学!!(お肉嫌いな方すみません)

柔らかくて美味しい はらみ肉
これはご存知の方もいらっしゃるのでは?
ここは 牛さんの横隔膜にあたる部分です。
私たち人間では呼吸をするときによく使われる筋肉です
 では ヒレはどの部位にあたるのでしょうか??
なんと… 牛さんの腸腰筋(または腰方形筋)!!!
ピラティスで絶対に動かす筋肉です 
人の場合二足歩行するために腸腰筋は発達していますが
四足獣は普段使うことがあまりないそうです。
後ろにいる人を蹴飛ばすような動作には使うそうですよ
なので柔らかいんですね

いかがでしたか?お肉雑学 笑
ちなみにこの雑学は 一般の方はのってきませんでした
運動する方や身体に興味のある方はのってくること
間違いなしです
忘年会の席などで試してみてくださいね!(^^)!

千葉市中央区 ピラティススタジオ Studio B-Meister


マイスターレッスン

Studio B-Meisterの武内です。

先週の土曜に久しぶりとなるマイスターレッスンを開催いたしました!

マイスターレッスンとは、毎月開催されているスタッフ当番制の追加グループレッスンと別に行っていた、武内担当の特別グループレッスン。

もう長く開催していませんでしたが、昔は2ヶ月に一度開催していました。

そんな復活マイスターレッスンのテーマは『背骨』

背骨の動きにフォーカスしたいつもより長い80分のレッスン。

人によって身体の悩みや問題はそれぞれですが、要は背骨がしっかり動けるようになれば解決する事が多々あります。

背骨の動きを改善する事で肩甲骨も股関節もしっかり動けるようになる助けになりますからね。

久しぶりなのか、物珍しさか、レッスンは満員御礼。

キャンセル待ちで入れなかった方、申し訳ありません!

次回は早目のご予約をお待ちしております。

内容はしっかりプレピラティスから始まり、ご自身の身体と向き合う所から始まります。

これが出来ているか、しっかり意識を向けているかで効果は大きく変わります!

長く時間がある分プレもしっかり時間をかけられました!

そこから小さな動きでポジションを変えながら色々動いていきます。

大切なのは自分の動きを感じて、自分に合った動きの大きさ(可動域)を見つけること。

大きく動かそうとして代償しては効果は遠のきます。

これしか動かないんだと感じたらその範囲で動いていくと、少しずつ動きも広がっていきます。

そんな事が色々続き、あらゆる方向に動かしていくうちに身体はポカポカに。

終了後は身体がすごく温かい!とか、最初つかなかった動きがいつの間についてたよー!とか喜びのお言葉をいただけて嬉しい限りです。

今回は店員を増やすためにマット中心で行いましたが、次回は同じテーマで道具を色々使ってより効果を出しやすいようにしようかと考えています!

その時は定員少なめなになりますのでごめんなさい!

不定期ながらマイスターレッスンの開催を引き続きしていく予定ですので、内容含めて楽しみにしていてください!

Studio B-Meister
武内 将吾


足のアーチ

こんにちは!Studio B-Meisterの佐野です。

一昨日は12月中旬並みの寒さ 関東周辺でも
標高の高い所では雪の降ったところもありました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
体調など崩されていませんでしょうか??

急に寒くなったので 何を着ていいのやら
冬物の用意も間に合わず
取りあえずあるものを重ね着して過ごしました 笑
少しずつ冬物の支度もせねば・・・。

これからの季節から よく見受けられる履物
ムートンブーツ 女性の方は履かれる方も多いのでは?
暖かくて 楽チンで見た目も可愛い
私も何足か持ってます。
でも長時間歩くと 足が疲れません…?
しかも履きならしたブーツほど…

ピラティス的に考えて?みました

履いたことのある方は お分かりになると思うのですが
靴の底がふかふかなのですが、インソールが平坦なものが
ほとんどです。
楽チンなのですが、土踏まずのサポートが弱いので
足底のバランスはとりにくいと思われます
履きならせばふかふかの中敷きもへたり ブーツ自体も
伸びるので 靴の中では指が泳いだり足にフィットしにくくなります。
アーチも崩れやすくなり 足のトラブルにもなりかねない・・

では快適に履くには・・・
ブーツの中に足に合ったインソールを入れることで
足の負担も軽減されます。
そしてご自身で行うケアをするならば・・
をご紹介いたします!
 
とにかく手っ取り早くの場合には
この子が大活躍です
   フレックスボール!!
足の裏をコロコロするだけで足のアーチも復元します。
念入りに行うならば
  セラバンドを使ってのフットワーク!!
足底筋のリリースもできますし足首も回すので
足の冷えにも効果的です

寒くなってくる季節 楽しみながらお洒落して
体にいいことしてあげましょう!(^^)!

千葉中央区 ピラティススタジオ Studio B-Meister


『脚』ってどこからでしょう?

こんにちは!千葉のピラティススタジオ Studio B-Meister の広瀬です(^^)/

10月としては記録的な暑さの日が続いたかと思いきや、突然11月中旬の寒さが訪れるという
少し洋服選びに戸惑ってしまう秋となっておりますが、いかがおすごしでしょうか(^^;

そんな中、B-Meister はちょっぴりハロウィン仕様♪

私が子どもの頃には、こんなイベントは無かったのですが…
(あ…年代がバレますね(^o^;)
賑やかになっている街の雰囲気を楽しみたいと思う今日この頃です!

さて、とことで…
本日のブログのテーマにもさせていただいた質問。
『脚』ってどこからだと思いますか??
まずは、現時点でのイメージをしておいてください(^^)/
下の写真の手の位置から下辺りなのか…はたまた…?

ところで最近は皆さまの健康志向の高まりもあり、テレビや雑誌などで専門的な筋肉や
骨の名前が取り上げられるようになってきています!
その1つとして最近よく耳にする筋肉が『腸腰筋』ではないでしょうか。
(あ…聞いたことがない方も今から説明しますので、お気になさらないでくださいね♪)

この『腸腰筋』。
実は2つの筋肉が合併した名称で、別々には『大腰筋』と『腸骨筋』と申します(^o^)

さてこの2つの筋肉がどのような筋肉かとご紹介いたしますと…
『大腰筋』は、第12胸椎~第4腰椎から大腿骨の小転子…つまり、腰辺りから太股の内側
『腸骨筋』は、腸骨から大腿骨の小転子…つまり、俗に言われる腰骨辺りから太股の内側
にかけてそれぞれ存在している筋肉です!

働きとしては、両方とも『大腿骨の屈曲 及び 股関節の安定』
つまり、歩いたり走ったり、はたまた階段を上る際の脚を挙げる時に使われます(^^)

さてここで質問です♪
皆さんは階段をダッシュであがった時、どこが疲れますか??

太股の前側という方…結構多いのではないでしょか?

しかし!
前述した通り、階段を上る時に脚を挙げるのは『腸腰筋』なのです。
もちろん、この動作に必要な筋肉は他にもありますし、太ももの前側も使われます。
ただ『メイン』で動くのはこの筋肉ってことは…?
どこが疲れるはずでしょう?(^o^)?

そして、そうなると最初の質問…
『脚』はどこからかのイメージもちょっと変わってきませんか?

解剖学上『下肢骨』と呼ばれる、いわゆる『脚』に分類される骨は『腸骨』から。
つまり、下の写真の手が置いてあるところ辺りからなのです!(^o^)!

となると…
最初の方の写真の手が置いてあるとことの下からが脚だと思って動くのと…
腸骨からが脚と思って動くのでは、だいぶイメージが違いますよね(^^)

ぜひぜひ今日からは『腰骨辺りから歩く!』なんて思って歩いてみていただくと…
ちょっと違った世界が見られるかもしれませんよ!?

千葉市中央区 ピラティススタジオ Studio B-Meister


歯の食いしばり

涼しくなってきました。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

戸田です。

私、先月親知らずの手術をしてきました。
真っ直ぐ生えていなかったので、口腔外科での手術だったのです。

そのとき、先生とお話した食いしばりについて書きたいと思います。

私もそうなんですが、
歯と歯をカチっとくっつけてしまう人はかなり多いようで
何かに集中っする時や、頑張っている時、寝ている時など、気がついたら食いしばってしまう人におススメのマッサージです。

歯と歯の間は本来2,3ミリ空間があるはずなんですが、
カチッとかみ合わせてしまう人は
首や肩、そして頭がガチガチの人が多いです。

それが頭痛を引き起こすことも多いので、自分は片頭痛持ちだと勘違いしてしまう場合も。

食いしばりが原因の一つで引き起こされる頭痛を緊張性頭痛と言います。

ココを毎日マッサージしてあげると、頭痛がなくなることも多々。

側頭筋と顎関節周辺。
こめかみと耳前のくぼみのところです。

マッサージしてみて痛い人はやってみる価値ありです。

寝ている時はどうしようもないので、マウスピースを使っている方も多いと思います。

食いしばりや、頭痛で心当たりのあるかたは、是非やってみてください。

ちなみに舌は上あごにあてるようにしてくださいね。
Ⅼの発音の場所です。

急に寒くなってきました。
風邪などひかないよう、ご自愛ください!

それではまた!

千葉 中央区 ピラティス studio B-Meister


きっかけ

Studio B-Meisterの武内です。

ピラティスに興味を持って始める方が増えてきているのも感じますが、まだまだ世間には認知されていないみたいですね。

まだまだ頑張らなきゃいけないと思う今日この頃。

始める方もきっかけはそれぞれ。

興味の持つ過程も人によってだいぶ変わりますね。

腰痛や肩こりで興味もった方も多いですが、動機もまたそれぞれ。

話聞くとそれぞれ興味深いです。

自分は身体の使い方の間違いに気づかされたのがきっかけでした。

それまでは色んなトレーニングしてましたし、教えてもいたので身体は動く方と思っていました。

なかった柔軟性も開脚出来るまでになって勘違いしていたんでしょうね。

ハードに体を動かしていたこともあり、身体のケアも追いつかず毎月故障。

特に腰痛は酷いものでした。

跳ぶことも多かったので膝も不安を抱えたまま。

そんな時に出逢ったピラティス。

びっくりしたのはあまりにも出来なかった事。

小さい動きなのに思うように動かない。

自分の身体にしっかり向き合っていなかった事を実感。

知っていると出来るは別だと。

出来ていると思い込んでいて、身体をしっかり感じることができていませんでした。

その出来ない悔しさもあってそのままどっぷりはまってしまいました・・・。

そして十数年・・・。

当時は柔軟性をキープするために2時間のストレッチをしていたのに、今ではそんなことせずとも維持。

ジャンプも不安抱えていましたが、今は気にせず思いっきり跳んでます。

背骨も肩甲骨もどんどん動けるようになって、身体のパフォーマンスもあがるばかり。

もっともっと動ける身体を目指しているのでこれからがまだまだ楽しみです。

あのままピラティスに出逢わずにいたら、身体の故障で動けない身体になって動く事を嫌になっていたかもしれませんね。

きっかけは人それぞれ。

自分はこんなきっかけでした。

多くの人がよりピラティスを体験してもらうために自分たちが出来ることは、きっかけとなる場をより提供出来ることですかね。

指導にも動きにも磨きをかけていきます!

Studio B-Meister
武内


3 / 1812345...10...最後 »

千葉のピラティス - Studio B meister(スタジオBマイスター)

〒260-0028
千葉県千葉市中央区新町1-13 木村ビル3-B
TEL:043-302-7313
MAIL:info@studio-b-meister.com

営業時間/10:00~20:30
(土日祝/19:00・木曜休館)

アクセス情報はこちら