Studio B meister(スタジオビーマイスター) お電話でのお問い合わせはこちら!体験レッスン開催中!

スタッフブログ

ブログ

Pino Carbone氏が来日されました!

こんにちは!千葉のピラティススタジオ Studio B-Meister の広瀬です。

先日、マスターストレッチとボディキーの開発者であるPino Carbone氏が来日され、1月27日・28日
に東京で開催された研修に私も参加させていただきました(^^)/

初めてPinoさんにお会いしたのは、昨年の3月。イタリアのピノさんのスタジオにて、4日間の研修を
受けさせていただいたのですが…何とも刺激的なことばかり。

知識や考え方、そして発想力の凄さにまず驚いて…それでいて私たちを包み込んでくれるような優しさ
と力強さであふれていて…あまり上手くは表現できないのですが、自分の世界の小ささに気づいたと
言いますかなんと言いますか…(^^;;
世界観や人生観みたいなものが、すごく変わった4日間だったことを覚えています!

with Pinoさん

そんなPinoさんと1年ぶりに再会。変わらず常に優しい笑顔のままでした(o^^o)

さてさて、そして研修が始まり…

資格保持者対象のセミナーでは、マスターストレッチやボディキーにおいて、どのような考え方と
知識を持って指導していくべきか、またそれに伴う動きや呼吸法について教えていただきました。

そして、一般の方もご参加いただいた『スペシャルセッション』は…ひたすら動く!!
インストラクター陣でさえ、あまりのキツさに笑いが出てしまうくらいの状況の中で、変わらない
優しい『スマイル』を浮かべたまま私たちと同じく動き続ける我らが師匠♪

もう『さすが!!』としか言いようがありませんでした(^^;;

来年またお会い出来ることを願って…日々精進いたします!!

pinoさん


本格的にピラティスを学んでみませんか?

千葉のピラティススタジオ Studio B-Meister の広瀬です!

最近スタジオでレッスンをしていると、嬉しいご相談をちょこちょこと受けます(^^)

それは…
『最近、身体の使い方や自分の身体についてちゃんと知りたくなってきてて』や…
『ピラティスの専門的な知識に興味があって…資格コースってどんな感じですか?』などなど。

今まで運動指導などをしてきたわけではない方から、このようなお声を聞かせていただけることは、
身体の使い方の大切さや、ピラティスの『真の良さ』みたいなものを感じていただけているのかな…
と嬉しく思っております!

『資格コース』となると、なかなか敷居が高く感じる方も多いようなのですが、マットピラティス
の養成コースは、当スタジオ開催のものを始め、多くの場所で初心者の方から受講可能です。

このため、ご自身の知識向上の目的や、(運動指導という形ではなく)身体に関する仕事をされて
いる方がスキルアップのために受講されることも少なくありません。
また、始めの目的は別だったところが、結果トレーナーへの道の扉をたたくきっかけになった方も
いらっしゃるようです(^o^)/

なので、ご興味のある方はお気軽に相談してくださいね!

さて、そのような中で…
この度、Studio B-Meisterでは『BESJマットピラティストレーナー資格コース』にて運動指導
未経験の方向けの専用クラスを開催することになりました!!

こちらのクラスは、例えば…
 ご自身の知識向上のために、ピラティスを専門的に学んでみたい方…や、
 全く経験が無いけれど、これを機にインストラクターの世界に飛び込んでみたい方…などなど
どんな方でも大歓迎です!

あ…もちろん前述の通り、BESJマットピラティスの資格コース自体がどんな方でも大歓迎ですし、
参加者のレベルに合わせてコースは進めていきますので、ご自身のご都合に合った日程でご参加
いただきたく思っています!!!

なのですが、同じクラスの方が運動指導などの経験がない方とわかっていると、少し安心して
ご参加を検討していただけるようにも思い、このようなクラスを開催する運びとなりました。

通常のクラスよりも、解剖学(特に筋肉や骨などについての知識)や指導のポイントなどの基礎
に重点を置いて行っていきます!

日程は、3月5日(日)から毎週水曜日の9:30~12:30 で全11回の予定です。
※ 詳細はスタジオホームページの『セミナー』よりご覧いただけます!
http://studio-b-meister.com/news/2014/01/797.html

春休みやゴールデンウィーク期間の日程のご相談もお受けいたしますので、ぜひ、少しでもご興味
がありましたら、お問い合わせください♪ お待ちしております!

open leg lokker


ピラティスにプラス

千葉のピラティス・マスターストレッチスタジオStudio B-Meisterの武内です。

B-Meisterではピラティスやピラティスのマシンを使ったレッスンの他にもイタリアのメソッドであるBodyCodeSystemも導入しています。

BodyCodeSystemはジャイロトニックの構築にも携わっていた元ダンサーのピノ・カルボーネ氏が提唱するメソッド。

ここ数年はマスターストレッチがテレビや雑誌で取り上げられたので知っている方もいらっしゃると思います。

ピノ氏からマスターストレッチとボディキーのマスターとして直接認定されたマスターティーチャースタジオが日本には3つあります。

その1つがStudio B-Meisterです。

マスターストレッチはグループレッスンも資格も人気ありますが、ボディキーはまだまだ知られていません。

知っている方々ははまってくれているので、もっと知っていただけたらなあと思ってしまいます。

ピラティスとの相性もいいのでピラティス好きにも是非受けていただきたいですね。

コアワークなんかは数回で充分と思うぐらいに効きます!

不安定さもいかしてサイドポジションや立位でのバランス力向上も得られます。

背骨の動きも沢山出てくるので、柔軟性が上がる方もいます。

他にも動きは色々。

IMG_2242

IMG_2244

IMG_2219

IMG_2227

IMG_2228

マスターストレッチとピラティスを組み合わせる方も多いですが、ボディキーもいいですよ。

ピラティスにプラスしてBodycodeのメソッドも受けてみてください。

また違った体の感覚が得られるかもしれません!

より効果的になります。

自分は普段から愛用しているので自信を持ってオススメします!


効果別ピラティスレッスン

千葉のピラティス・マスターストレッチスタジオStudio B-Meisterの武内です。

来月でB-Meisterもオープン1周年を迎えます。

あっという間です!

この一年間に沢山の人達と出会いました。

皆さん目的や求める効果は違えど、ピラティスに興味を持っていただいた事は一緒。

様々な方の要望にピラティスは効果を発揮できるのだと改めて思いました。

千葉のピラティススタジオですが九州や北海道、四国含めて様々な場所からもお越しいただきました。

ピラティスの為に千葉まで来ていただき感謝の気持ちでいっぱいです。

さあそんな1周年を迎える2月は通常のグループレッスンに加えて特別にグループレッスンを追加します!

効果別にボディキーやマスターストレッチと組み合わせたグループレッスン。

初級者向けのバランスボールピラティスもあります。

http://studio-b-meister.com/news/2014/01/770.html

グループレッスン会員の方も対象なのでいつも以上に選択肢が増えてますよ。

今後のプログラム編成も今までとは違ったものを入れていければと思います。

より効果的なピラティスレッスンを受けられるように、

ピラティスの効果をより感じられるように。

あ、どっちも同じですかね・・。

これからも千葉のピラティスを広めていけるようにとり組んでいきます!


ピラティスのマシンも学びませんか?

千葉のピラティススタジオStudio B-Meisterの武内です。

2014年になりお正月の雰囲気もあっという間に過ぎ去っていきました!

今年の目標はたてましたか?

自分はよりピラティスのマニアっぷりを高めて、皆さんにお伝えしていきます!

ピラティスをより多くの方に伝えて、指導者もさらに育成していきます。

さて1月は資格が多く開催されています。

ボディキーが1回、マスターストレッチが2回。

更にマットピラティスのコースも3コースがスタートします。

そして2月18日からマシンのコースもスタート!

2月の上旬に初の試みとなるマシン短期コースもあるのでじっくり学ぶ方、集中的に学びたい方、自分のペースに合わせてどちらも選べます。

マシンを使うとマットで行っているピラティスの理解も深まるので、ピラティス指導者の方には資格取らなくても必ずマシンを体感していただきたいですね。

マシンでのピラティスは何より効果が出やすい!

クライアントさんもこちらが言う前から、自分で効果を感じていただける事も多く教えている方もうれしくて指導が楽しくなってきます。

そんなマシンに興味ある方はぜひお問い合わせください。

少人数制なので学びやすいですよ。

資格の為の体験レッスンも行っています。

お問い合わせはinfo@studio-b-meister.comまで。

お待ちしてます!

写真はサンタフェ研修でのミシェルのリフォーマー研修
サンタフェ ミシェル


あけましておめでとうございます!

千葉のピラティススタジオ Studio B-Meisterの広瀬です!

2014年が始まりました(^o^)/
スタジオの水素水サーバーの上にあるディスプレイも『トナカイ』から『馬』へと
代わりました♪

IMG_0314IMG_0313

いよいよ、当スタジオももう少しで2年目を迎えることが出来ます!
これも、ひとえに皆さまにあたたかく見守っていただけているおかげです。
本当にありがとうございます!!

2年目にあたる2014年も、皆さまにより良いものを提供させていただけるよう
スタッフ一同努力してまいりますので、今年もよろしくお願いいたします(^^)


なぜ『コアトレーニング』?

千葉のピラティススタジオ Studio B-Meisterの広瀬です!

急に冷え込んで参りましたが、皆さま風邪などひかれてはおりませんでしょうか?
B-Meisterの面々は…最近スタジオに取り入れた水素水のおかげもあってか、いつも以上に元気です(^^)v

さてさて…だいぶ前になってしまいましたが、以前このブログで『コアトレーニング』とはどんなものかについてお話をさせていただきました♪
そこで今回は…ではなぜ『コアトレーニングが大切か』について語ってみたいと思います(^^)/

そもそも『コア』とは…?
これについては以前もお伝えした通り、様々な考え方があるのでどこまでを『コア』と呼ぶかは一概には言えないのですが、今回はコア部分の核ともなる『インナーユニット』と呼ばれる下記の4つの筋肉をご紹介しながらお話をしていきたいと思います。

まず1つめに『腹横筋』。これは、肋骨の下から骨盤の間のいわゆるお腹周りをコルセットのようにグルッと回っている一番奥にある腹筋です。腹圧を高める働きがあり、姿勢を保ったり内臓を守ってくれています。

2つ目は『多裂筋』。こちらは、あまり聞いたことがない方も多いかもしれませんね。
背中側の筋肉で、2~4つの椎骨(背骨の個々の骨)をまたぎながら背骨の出っ張りにくっついていて、背骨の動きを作っていく他に、背骨や骨盤の位置を安定させてくれます。

3つ目は『横隔膜』。これは肋骨の下の部分でお腹の上に『ふた』をしているような形をしたドーム型の膜で、呼吸をするための主要な筋肉です。この横隔膜が十分に使えないと、呼吸の際に肩や首に負担がかかったり、また、浅い呼吸になることで精神状態に影響を及ぼす場合もあります。

そして最後に『骨盤底筋群』。これは名前の通り骨盤の底側でふたをしてくれている筋肉で、いくつもの筋肉の総称です。こちらもあまり一般的には知られていない筋肉ですが、内臓を重力から守ってくれているとても大切な筋肉で、この筋肉が弱くなることで排せつ障害や失禁などの他、さまざまな内臓の障害を引き起こす原因となることもあります。

さて…ここまで話した段階でこの筋肉たちの大切さはわかっていただけたかと思います。
簡単にまとめますと…
 ・姿勢を正しい位置に保ちながら…
 ・内臓を守り(ちなみに、内臓も本来の位置からずれると機能障害をお越しやすくなるそうです(T T))…
 ・さらに、精神状態にも影響を及ぼす呼吸を司っている…
健康に生きていくための基本が、ここに詰まっている感じです(o^^o)

そして、ポイントはこの筋肉たちは、他の筋肉と連動して動いているということ、さらに、本来はある程度は意識しなくても自然に働いてくれているため、あらゆる動作をする際に先に働き始めて骨盤や脊柱を守ってくれるはずなのですが、現代生活の中の姿勢の乱れや筋力低下により、自然には働かない状態になってしまっていることが多いということです!

ちなみに、昔は良く小学校の掃除の時間に、雑巾を並べてやった『雑巾がけ』も骨盤底筋群をはじめとするコアの強化には効果的だってそうです((^^))
ただ、このことのように昔は『自然と使える』生活をしていたものが、そうではなくなってしまったことで、脳が筋肉への指令を出せなくなってしまっている…つまり、神経伝達が上手くいかなくなってしまっているのが現状なのです(> <。) なので、このインナーユニットに本来の機能を目覚めさせて、そしてそのインナーユニットと他の筋肉とのつながりをまずは意識しながら動かしていくことで、人が本来持っているはずの身体機能により近づけていく…それが『コアトレーニング』なのです(^o^)/ 最終的には普段の生活の中で、意識しなくても全身の機能をくまなく使うことが出来るようになることを目標としたいですね! …と…最後は少し壮大な表現になってしまいましたが(^^;; コアトレーニングの大切さお伝え出来ましたでしょうか♪♪ open leg lokker


『SPORTEC2013』に行ってきました!

千葉のピラティススタジオ Studio B-Meisterの広瀬です!

昨日まで行われていた、スポーツ・健康施設活性化のための専門展・カンファレンス『SPORTEC2013』
に行ってきました!!

131205_131636

当日は朝からセミナーの申し込みをしていたので、9時半の開場と同時くらいに会場に入ったのですが、
初日の朝一番のため、スーツ姿の出展関係者の方が多めで、少し場違いな感覚に…(^^;;

とりあえずセミナーに参加して、思いっきり汗をかいて出てきたころには、すっかり一般の方も増えて
一気にお祭りムードになっていました♪

会場には、最新のフィットネスマシンやプログラムはもちろん、超音波を使ったダイエット効果のある
マシンや、3日前に一般解禁となったサプリメントから健康食品まで最新の情報も満載で、行く場所場所
でいろんなお話を聞かせていただいたり、体験をさせていただいたり…♪♪

気づいたら、まともにお昼も食べずに(サプリメントや健康食品の試食はしておりましたが(^^;;)夕方
になっておりました。

セミナーもピラティス以外のものも受けてみたことで新たな発見もあり、充実した1日になりました!
ご興味がありましたら、ぜひ来年行ってみてくださいね(^^)/

131205_155353

さて…Studio B-Meisterも、1月に向けて最新情報発信中です!
一般の方向けのセミナーや資格コースなどもありますので、ぜひチェックしてみてください(^o^)


ピラティスのマシン

千葉のピラティススタジオB-Meisterの武内です。

日本ではマットピラティスが主流ですが、アメリカでプライベートレッスンといったらピラティスのイクイップメント(マシン)が主流です。

スタジオの面積も比較的広いというお国柄もあるので仕方ないですね。

そのせいか日本のピラティスインストラクターの多くの方がマシンを使ったことないみたいです。

マシンが置いてあるスタジオもそう多いわけではないのでなかなか受ける機会がないといった方がいいかもしれません。

このピラティスのマシン達はより意識しやすく、効果も出しやすいので1度受けてみることをお勧めします。

マットの動きの理解がマシンを通じてクリアになることもあります。

長年ピラティスやっている愛好家の方にも1度受けていただきたいですね。

そんなピラティスのマシン資格コースが12月10日から始まります。

料金は273,000円 (証書・教科書代込)60以上のムーブメントを習得していただきます。

リフォーマーだけでなくタワーを使うことでハーフトラピーズ(キャデラックの上なし)の動きも習えますのでかなりお得です。

詳しく知りたい方は info@studio-b-meister.com までお問い合わせください。

マシンのレッスン受けたい方もお待ちしております!


♪クリスマスになりました♪

千葉のピラティススタジオ Studio B-Meisterの広瀬です!

街はすっかりイルミネーション♪ …ということなので、当スタジオもちょっぴりクリスマスな感じに

してみております(^o^)/

IMG_0301IMG_0302

ツリーも小さいですが、ちゃんと光ります(o^^o) ただ、レッスン時に点灯していると目がチカチカ

してしまいそうなので、リクエストにお答えする形にしようかと思っております(^^;

今回はほんの少し飾っただけなのですが、飾り付けをしている時に何だかワクワクしてしまうのが

クリスマスマジックですよね!!

さてさて、そんなスタジオにて…

12月はインストラクター向けではなく、一般の方向けのお勉強会を開催いたします♪

普段のレッスンでは、なかなか耳にすることが出来ない『ピラティスの歴史』についてや、大切だと

わかってはいても、自分だけでは正しく理解しているのかが不安になりがちな『呼吸』についてを

それぞれ、90分かけて詳しく解説していきます。

長年ピラティスをやってきた方も、これから始めようという方も…『呼吸』はやはり基本です!

また『歴史』を知っておくと、違う角度からも『ピラティス』を楽しめます!(^^)!

詳細は、スタジオホームページのお知らせよりご覧ください。http://studio-b-meister.com/

クリスマス仕立てのスタジオも、ぜひ見に来てくださいね!!(あ…あまり期待せずに…(^^;;)


13 / 15« 先頭...1112131415

千葉のピラティス - Studio B meister(スタジオBマイスター)

〒260-0028
千葉県千葉市中央区新町1-13 木村ビル3-B
TEL:043-302-7313
MAIL:info@studio-b-meister.com

営業時間/10:00~20:30
(土日祝/19:00・木曜休館)

アクセス情報はこちら