Studio B meister(スタジオビーマイスター) お電話でのお問い合わせはこちら!体験レッスン開催中!

スタッフブログ

ブログ

関節が詰まってるって??

こんにちは!ピラティススタジオ Studio B-Meister の広瀬です(^^)/
関東地方は、なかなか梅雨明け宣言の出ない今年の7月ですが、いかがお過ごしですか?

とはいえ、夏本番まではあと少し!
…ということで、スタジオの水素水サーバーのディスプレイも夏モードにいたしました♪♪

???????????????????????????????

今年はどうやら暑い夏が待っているようですが、せっかくなので楽しんでいきましょう(o^^o)

さてさて、ところで…。
春先のブログにて、ピラティスのレッスンでよく聞く言葉『筋肉を伸ばして使うって?』をシリーズにてお送りしておりましたが、今回はこの引き続きな感じで、こちらも良く耳にする言葉『関節が詰まってる』とは、どういうことなのかについて語っていきたいと思います♪

そこで、お得意の…皆さまに実際に動いて感じていただくシリーズです♪
今回は『Feel good Arms』(本来の動きは少し違うのですが)という動きにて解説をしていきたいと思います!
まずは下のようなポジションをとっていただきまして…

???????????????????????????????

上の写真のように、頭の下にブロックやタオルを敷いていただくと首が楽になります。
そしてさらに、下の写真の順番のように動いていきます。
あ…身体の向きが違うのは気になさらないでくださいね♪

??????????????????????????????? → F-3 → ???????????????????????????????

まずは、特に何も意識をせずにこのように動いてみても、胸の前側が伸びる感じがして気持ちが良いと思います(o^^o)

さてそこで、もう1つ意識を入れてみたいことが…。

真ん中のポジションの時に、腕を遠くに引っ張るイメージで、肘をもう1つ斜め天井の方に引き上げてから最後のポジションにもっていってみると…?

どうでしょう??
後の方が少しやりやすくなった、もしくは胸の前側がより伸びる感じがした、はたまた始めの方の時は少し肩周りが痛く(詰まっているように)感じた…という方は、その始めのポジションが肩の周りの関節が『詰まっていた』状態です!

関節は、本来少し余裕があることが理想なのですが、普段の生活の中でギュッと縮めて使う習慣があったり、重力に負けてしまっていたりすると、動く時もそのままの状態で動くため、骨と骨がギュッと近づいた、いわゆる『遊び』がない中で頑張って動きを作ろうとしてしまうのです。

『遊び』があれば楽に動けるはずの動きも、『遊び』がないと動かしにくいので必要以上に周りの大きな筋肉(いわゆるアウターマッスルですね)が頑張ってしまう上に、関節の近くにある細かい筋肉(いわゆるインナーマッスルですね)はギュッとなったままなので十分に使われず、さらに骨同士がこすれあってしまっていた場合には痛みが生じてきて…。
…と、いろいろと大変なことが身体の中で起こってしまうのです!!

ここまでお話すると『関節を詰めない』つまり、『関節を伸ばしながら』使っていきたくなりましたよね(^o^)
ピラティスでよく『遠くに引っ張られているイメージで!!』なんて言葉が聞かれるのも、この意識を持っていただきたいためです♪

肩だけではなく、各関節でこの意識をしていくことが大切なので、ぜひいろいろな関節を引き伸ばしながら使っていくイメージをしてみてくださいね♪♪

千葉市中央区 ピラティススタジオ Studio B-Meister


アメリカのピラティススタジオ♪

こんにちは!ピラティススタジオ Studio B-Meister の広瀬です(^^)/

本格的な夏を迎えるのを待たずして、真夏のような気候の日もある今年の梅雨ですが、いかがお過ごしでしょうか(^^;;
まだまだ、暑さに慣れていない時期ですので、熱中症などにはお気を付けください!

さて、今回のブログは…

先月末に行って参りましたピラティスマシンのツール『Arcus』を学ばせていただいたスタジオ
のある、ミシガン州 Rochester の街並みと、スタジオの雰囲気をお伝えしたいと思います!

降り立った空港は『デトロイト メトロポリタン空港』。
長旅の飛行機から降りて、まず出迎えてくれたのは『空』という文字の書いた空港ショップ。

IMG_20160623_194939

『あれ??漢字…!?』と、よーく見てみたら『SUSHI BAR』の文字。
やはり、日本食ブームなようです(o^^o)

そんなデトロイトの街から、車で1時間ほどのところにあるのが『Rochester(ロチェスター)』。
オークランド郡初の開拓地であるロチェスターは、メインストリートにある建物の22棟が50年以上前
に立てられたものであり、その幾つかは州の歴史的場所に登録されているそうです。
ニューヨークのような都会的な雰囲気ではなく、緑の多い古き良き街並みが残された素敵な街です。

IMG_20160624_103400 IMG_20160624_110431

そんな中にあるのが、今回学ばせていただいた『 McEntire PILATES 』。
やはり緑の多い敷地内に建てられた、レンガ模様の建物の中にあるスタジオは、日本で言うところの
小型のスポーツクラブのような施設と併設されています。

IMG_20160624_105139 IMG_20160624_104822

日本のピラティススタジオの場合(うちのスタジオも含めて)様々な事情の中で、マシンが置いて
あったとしても1~2台のところが多いのですが、アメリカはそもそも敷地の広さが違います(^^;;

1467024922820 FB_IMG_1467383472526

広いスタジオ内に、リフォーマーと呼ばれるマシンが4~5台。
もちろん、それ以外のピラティスマシンも置いてあるのが、ごくごく普通なのです♪
このスタジオも、写真の部屋の他にもう1つマットワークなどが出来るような部屋もあり、
国土が大きいとは言えない日本から見ると、なんともうらやましい環境でした!(^^)!

なかなか日本人が訪れる街ではないようで、ホテルやお店の方々には『何しに来たの?』と必ず
尋ねられるくらいな感じでしたが、都会慣れしていない私としてもとても過ごしやすい街でした♪
『観光地』と言える街ではないのかもしれませんが、もし機会がありましたらぜひ(^o^)

IMG_20160624_122918

千葉市中央区 ピラティススタジオ Studio B-Meister


『Arcus』の資格を取得してきました♪

こんにちは!ピラティススタジオ Studio B-Meister の広瀬です(^^)/

梅雨も真っ只中。洗濯物の乾きにくい季節となっておりますが、いかがお過ごしでしょうか(^^;

さて、日本はそんな気候の最中、実は先週末はアメリカに行っておりました♪

何のためかと申しますと…

ピラティスマシンのツール『Arcus』のトレーナー資格を取得して参りました(^o^)

IMG_20160624_104806 1466895529186

実質滞在期間丸2日という弾丸日程ではありましたが、濃厚な2日間で学べたことはたくさん!

『Arcus』とは、ピラティスマシンで使用していく、通常真っ直ぐな木製のバーを弓型にしたもの。

そんな弓型のArcusの大きな特徴の1つとして、まず背骨がすごく動きます!

FB_IMG_1467158022516 IMG_20160625_104224

背骨の動きを出していく『Roll-Dawn』という動きがピラティスにはありますが、そのシリーズ

だけでも、とてもたくさん種類がある上に、握る位置や『Arcus』の向きを変えることにより、

さらに多くのバリエーションを生み出すことができるのです♪

一言で『背骨』といっても一般的には頸~腰まででも24本あるので、どの部分の動きを出して

いきたいかは十人十色。

なかなかアプローチが難しい場合もあるのですが、『Arcus』の動きバリエーションの中から

様々なパターンを選ぶことが可能なので、老若男女どんな方におススメなのです(o^^o)

また、股関節へのアプローチもとても個性的。

1467204594092 1466954710968

今までの、ピラティスマシンのツールでのアプローチも私は大好きですが、Arcusでのアプローチ

は一味違った感覚を得ることが出来るので、こちらもおススメです!!

ちなみに、上の左側の写真は資格コース後に受講させていただいた、セミプライベートレッスン

での1コマ。

片脚だけアプローチをしてもらった結果が、お恥ずかしながら右側の写真(^o^;

でも、普段動いてる私でも、ここまで効果を出していくことが出来るということです!!

…と、一気に熱く語ってしまいましたが(^^;;

とにかく、とってもおススメなことは確かです!!

残念なことに、今はまだ『Arcus』自体がスタジオに届いていないため、レッスンでは使用

出来ないのですが、届き次第プライベートレッスンにて皆さまにこの良さをお伝えしていきます

ので、楽しみにお待ちください(^^♪

千葉市中央区ピラティススタジオ Studio B-Meister


NY発の進化系ピラティス「Tye4」

Studio B-Meisterの武内です。

6月ですがすっかり夏日和が続いています。

身体を動かしたくなるシーズンに入ってきましたね。

動かしたい方にお勧めなのが、昨年から日本でも導入された「Tye4」。

Studio B-Meisterでも認定スタジオとして昨年から導入しています。

IMG_0525

今年からは定番のグループレッスンでも入っていて、着実にファンを増やしています。

Tye4の利点は、バンジーと呼ばれるゴムの抵抗とサポートを使って様々な効果を出せること。

ピラティスの動きをより効果的に出来ますが、他のフィットネスエクササイズにも使えます。

手足に抵抗が加わるので、立った状態でピラティスも可能です。

立って生活している以上、重力に逆らって生きていますので立った状態で動くのも非常に大切です。

抗重力筋が鍛えられるピラティスもマシン無しで手軽に行えます。

そして身体に抵抗で負荷がかかるだけでなく、アシストさせることで身体の使い方を学ばさせたり、無意識に連動させたり、はたまたいつもの動きより更に動かさせたりすることも可能です。

自分としてはここが一番好きなポイントです。

大きな動きで汗をかく事も出来ますが、せっかくピラティスをやっているのですから自分の身体を感じてもらいたいですからね。

なので自感させることに使えるので自分はプレピラティスで使ってから大きな動きへと発展させていきます。

特に自分が好きな動きがバッククロス!

腕のバンジーを背中で交差させ、腕を後ろに引きながらバンジーを引っ張ります。

肩が挙がりやすい方は背中が使えずに首をすぼめてしまう傾向にありますが、バッククロスで行うとバンジーがっ引っ張ってくれるので無意識に肩が下がって腕と共に背中の筋肉も動いてくれます。

なので胸の背骨が硬い方も何度か使っていくうちに胸椎の伸展(胸の反り)がより出来る様になりやすいです。

まだまだNYでも新しいムーブメントが生み出されていますが、沢山の可能性をTye4に感じています。

もっともっと使い込んで皆さんにより良いレッスンが出来る様にしていきます!

体感したい方は受けてみてください!

お待ちしています。

Studio B-Meister
武内


筋肉を伸ばしながら使うって?PartⅢ

こんにちは!ピラティススタジオ Studio B-Meister の広瀬です(^^)/

気がつけばゴールデンウィークも過ぎ、緑の鮮やかな季節になってきましたね!
…ということで、今年は今のところブログでの登場回数の少ない水素水サーバーの様子をご紹介♪

saru 5月♪

ただ今、少しさわやかな感じになっております(^o^)/
梅雨に入ってしまう前に、もう少しさわやかな季節を満喫したいな…と思う、今日この頃です!

さて、そして…
今回は『筋肉を伸ばしながら使うって?』の第3弾(^^)
PartⅠでは『筋肉の使われ方』、PartⅡでは『なぜ、伸ばして使うのか?』をお伝えしてきましたが、PartⅢでは最後に『どのように意識をすると効果的なのか?』について語っていきたいと思います♪

例として、下のようなポジションで脚の裏側を伸ばしたい状況で考えていきます!

IMG_0793

まずは…
特に何も意識をせずに腕をダランとして上半身の重さをあずけてみると…
脚の裏側が伸びますよね!(この際、太ももの裏、ひざの裏、ふくらはぎのどこが一番伸びる感じがあるかは、人によって違います(^^))
この時は、先ほども言った通り脚の裏側の筋肉が『伸びている』感覚はあると思いますが、『使っている』という感覚はあまり無いかと思います。

さて、次に…
このまま、お尻を天井方向にギューっと引き上げつつ、かかとを床に押し込むようなイメージを持ってみると…
さらに伸びますよね!
特に意識をしていない時よりは、少し脚の裏側も使っている感覚はあるかもしれませんね(^o^)

そして、さらに…
ここからが意識が難しくなってくるところなのですが、脚の後ろ側に『伸びて―!!』と脳で指示を出してみていただきたいのです♪♪
今、『え…???』と思った方!…多分少なくないと思います(^^;;

ちょっと振り返りますね♪
特に意識しないで行った1番目は、上半身の重みがかかったから伸びましたね。この時、脳は脚の裏側に指令は出していない状態です。
2番目は、お尻とかかとで引っ張り合う意識を持ったことで伸びたので、直接脚の裏側に指令は出ていませんね。
しかし最後は、脚の裏側自体の筋肉に指令を出してあげる…つまり、脚の裏側の筋肉を『伸びながらでも使えるんだよー』と呼び覚ましてあげるのです!(^^)!

このように、ストレッチをしていく時、どのような方向に力を持っていけば伸ばせるかということと共に、『どこを伸ばしたいか』を意識をして、そこに直接伸びるように指令を出していくことで、その筋肉自体が直接反応をするため、より効果的に伸ばされるのです!!

最初は、やってみても何のことだかさっぱりわからない方も多いかと思いますが、諦めずに指令を出し続けていくことで、徐々に神経が繋がり始めて脳からの指令が筋肉に届きやすくなるので、ぜひ試してみていただけると嬉しいです(o^^o)

千葉市中央区 ピラティススタジオ Studio B-Meister


ピノ・カルボーネ氏来日!

こんにちは!
ピラティススタジオStudio B-Meister の戸田です!

ん??
戸田って誰??

ですよね・・・(笑)

改めまして、4月からスタッフになりました戸田亜紀子と申します。

簡単に自己紹介を!
元ダンサーです。
バリバリ踊って、子供から大人まで多ジャンルを10年ほど指導しておりました。
今も指導を続けているものもありますが、割愛(笑)
度重なる怪我のリハビリでピラティスに出会い、どんどんピラティスの虜になり資格を取得。
今に至ります。

お顔はここに載せるのは恥ずかしいので皆さま是非、戸田のお顔を見に来てくださいませ!(^^)!

笑顔いっぱいでお待ちしております!!!

私の事はさておき、

先日、マスターストレッチとボディキーの開発者、Pino Carbone氏が来日♪♪♪

東京で2日間のワークショップが開催されました。

2

ピノさんの情熱がひしひしと伝わってくるような熱い熱いワークショップ。

何というか、ピノさんの内から出る不思議なパワーに魅了され、あっという間に過ぎた2日間でした。

MS

1つ1つの動きの意味を理解する事の大切さ、
誰かのマネではなく、自分自身の体の奥深くを感じることの大切さを改めて学びました。
人それぞれ骨格も筋肉の付き方も千差万別。
マネしても・・・。ね。

外の目で見るのではなく、中の目で見なさいと言われているようでした。

動きの形や大きさで判断してしまいがちですが、それは効果には比例しません。

それはピラティスでもマスターストレッチでもボディキーでも一緒ですね~。

自分の身体を知り、それを読み解いていくのが一番の近道なのです。

私ももっともっと自分の身体を感じられるように、
魔法のような身体になりたい!!!
と心の底から思いました。

まだマスターストレッチとボディキーやったことがない方、
ぜひぜひやってみてくださいませ!

3

身体の変化をバッチリ感じられると思います!(^^)!

それではまた・・・♡♡♡

千葉市中央区 ピラティススタジオ Studio B-Meister
  


筋肉を伸ばしながら使うって?PartⅡ

こんにちは!ピラティススタジオ Studio B-Meister の広瀬です(^^)/

ここ数週間スッキリとした晴れ間が少なく不安定な天候が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
今年は、なかなか青空のもとで桜を見ることも難しかったですが、それでもスタジオ近辺では『ソメイヨシノ』と『山桜』がきれいに咲き誇っておりました(o^^o)

IMG_20160406_155840  IMG_20160330_130305

もう少しすると、千葉では『八重桜』や『芝桜』の季節。
まだまだ、花の季節を楽しみたいですね♪

さて、ところで…
今回は、桜の開花のころにお話をしていた『筋肉を伸ばしながら使うって?』の第2弾!
前回は『筋肉の使われ方』について語っていきましたので、今回はいよいよ『なぜ、伸ばして使うのか?』ということを具体例を踏まえつつお話していきたいと思います(^o^)/

例えば…
ピラティスのレッスンでは、『脚を遠くに伸ばすイメージで!』とか『腕を長く使って!』なんて表現をよく耳にすると思います♪
これは、腕の付け根(肩周り)や脚の付け根(股関節)の筋肉を伸ばしながら使っていくための言葉がけで、これを意識していただくことで、肩関節や股関節の奥にあるインナーマッスルたちが使える(意識できる)ようになるのです!

試しに、下の写真のようなポジションで身体の横に手の中指で小さな円を描いてみてください。

IMG_0794

ポイントは、『腕の付け根を意識』しながら、あくまでも『小さな円』を描きます。
(ちなみに、この『腕の付け根』と使う意識も慣れないと難しいので、慣れていない方はまずはこちらから練習してみてください(^^))

次に、腕の付け根を胴体から引っ張りぬくようなイメージで(あ、肩が上がってしまっていないか要確認です!)、出来る限り身体から離れた位置に円を描いてみると…
いかがでしょう?
何か使われている筋肉が違うような感じがしませんか?
キツく感じるようになった方もいらっしゃるかと思います(^^)
ピラティスでは、現代生活では使いにくくなってしまった、このような筋肉たちも使っていきたいのです♪♪

はたまた、例えば…
これまたよく耳にされると思うのは『背骨を長く使って!』とか『頭を天井の方に引き上げて!』という表現。
これは、ピラティスの代表的な動きの1つ『ペルビックアーティキュレーション』で見ていきましょう♪

IMG_0802  IMG_0803

いわゆる『ニュートラル(写真左)』と『Cカーブ(写真右)』を繰り返していく動きですが、この時に、ただこの写真の動きをしてみるのと…
次に、誰かに頭の上(つむじ)に手のひらを置いておいてもらって、その手から頭が離れないように同じ動きをしてみると…

いかがでしょう?
またまた何か使われている筋肉が違うような気がしませんか?
そして、さらに背中が伸びている感覚もあると思います(^^)
ピラティスでは、この筋肉を使っていきたいのです♪♪♪(あ…しつこいですね(^^;)

ちなみに、こちらは『頭のてっぺん』の意識をしていただき、背中の筋肉を伸ばしながら使っていくことによって、背骨周りのインナーマッスルたちが働き始めます♪

こちらの2つの例は、筋肉を伸ばしながら使うことで、肩の関節や股関節、そして脊柱と呼ばれる背骨の1つ1つの骨の関節を本来の使いやすい(動きやすい)状態に戻していくことが目的です!!

そして…
もう1つ語りたいことがあるのですが、またまた長くなってしまったので、続きはPartⅢにて♪
お楽しみにo(^o^)o

千葉市中央区 ピラティススタジオ Studio B-Meister


筋肉を伸ばしながら使うって?PartⅠ

こんにちは!ピラティススタジオ Studio B-Meister の広瀬です(^^)/

本日、東京の桜の開花宣言がありましたo(^o^)o
まだ少し寒い日もありそうですが、外に出るのが気持ち良く感じられる季節になりましたね!

さて、そんな今回のブログは…
ピラティス経験のある方なら、レッスンなどで必ず1回は耳にしていると思われる
『脚(腕)を遠くに伸ばすイメージで!!』という言葉について♪
…そんなこと言われても…
イメージって?どうやって??何で???
なんて思っている方もいらっしゃるかと思い、ちょっと語っていきたいと思います(o^^o)

そして…
今回まず最初にお話ししておきたいのが、筋肉の活動様式、つまり筋肉の使われ方の種類について。

筋肉が使われる時の運動の仕方は、大きく分けると…

〇 アイソメトリック・コントラクション - 等尺性筋収縮
〇 コンセントリック・コントラクション - 短縮性筋収縮
〇 エキセントリック・コントラクション - 伸張性筋収縮

と3つの種類があります。

日本語の漢字から少し想像していただけるかもしれませんが、実際の動きがなかなかイメージがし難いかとも思いますので、1つずつどのようなものか例を出していきます♪

まず、アイソメトリックとは『等尺性』つまり、筋肉の長さが変わらないで力を発している状況です。
これは、例えると自分の手のひら同士を胸の前で合わせて押し合いっこをする状態。どこの関節も動いていないところから、筋肉の長さは変わっていないのですが、力は入ってますよね!

次に、コンセントリックとは『短縮性』つまり、筋肉が縮みながら力を発する状況です。
これは、例えるとダンベルを手で持って肘を曲げた時の腕の前側(上腕二頭筋)の状態。肘が伸びている時よりも上腕二頭筋は縮んでいますよね!
比較的『筋トレ』というと、この筋肉の使い方をイメージする方も少なくないかもしれません。

さて、そして最後に残ったのが『エキセントリック』。漢字で書くと『伸長性筋収縮』。
『短縮性』が縮みながら使うのであれば…
そうです。もちろん『伸長性』は伸ばしながら使っていきます♪
これも、さきほどのダンベル運動の時の上腕二頭筋で例えると、肘を曲げる時にコンセントリックに使われて、その後肘を伸ばしていく時の状態です。
???
何が?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね(^^)

例えば、もし肘を伸ばす時に力を入れなければダンベルの重さで『ストン』と腕が伸びてしまいます。重さによっては肘を痛めかねません。
なので、もし無意識だったとしてもある程度のコントロールをしているのですが、この時の腕の前側、上腕二頭筋に注目をしてみると、筋肉が伸びながら使われているということになるのです。

そして…!
ここまで勿体つけた感じの説明をしたのでバレてしまっているかとは思いますが、ピラティスでよく聞く『遠くに伸ばすイメージで!』は、このエキセントリックに筋肉を使っていただきたいが故のお声がけなのです(^o^)/

さて、それでは…
なぜピラティスではそこにこだわるのか…
そして、どのように意識をしていくのか…
ということについてなのですが。。
今回はもう長くなってしまったので、次回また語らせていただこうと思います(o^^o)

ぜひぜひお楽しみに♪♪

split!

千葉市中央区 ピラティススタジオ Studio B-Meister


ママ向けの雑誌『mamagirl』に掲載されました♪

こんにちは!ピラティススタジオ Studio B-Meister の広瀬です(^^)/

ある平日の最終レッスンにて『今シーズンは千葉は雪が積もらずに終わりそうですね~。』なんて話を

会員の方とした日の翌朝。

起きて窓を開けてみたら、こんな景色 Σ(・o・ノ)ノ!

IMG_20160225_081114

あまりのタイミングの良さに、思わず目を疑ってしまった朝でした(^^;

それでも、やはり2月末。雪はすぐにとけてしまい、代わりに春らしい光景が目に飛び込んできます♪

IMG_20160227_094004

気が付けばもう3月。花も咲き始め、景色が色づく季節ですね(o^^o)

さてそして、スタジオ事ではありますが、当スタジオが先日発売のママファッション&スタイル誌の

『mamagirl』に掲載されました!

mamagirl

『スクール・スタジオ・サロン・ショップガイド!』というページに掲載させていただいております

ので、街でお見かけの際はぜひお手にとってみてください♪

Studio B-Meisterでは、産前産後のママのために少し短めのお時間で気軽にレッスンが出来る

『ママのためのプライベートレッスン』(40分 4,320円)もご用意していて、妊娠中はもちろん

産後のケアとしてや、産まれてきたベビーちゃんと一緒に楽しむことが出来るピラティスもお伝え

しています!

そして…

実は最近は、大人の方だけでなくキッズチームにも人気のB-Meister!(^o^)!

スポーツのパフォーマンスアップや姿勢改善など、様々な目的の方にご利用いただいております♪

大人の方からお子様まで、いろいろな方のお身体のメンテナンスを出来れば…

と願っておりますので、何かございましたら、お気軽にご相談ください!!

千葉市中央区 ピラティススタジオ Studio B-Meister


ピノ・カルボーネ氏が来日します!

こんにちは!ピラティススタジオ Studio B-Meister の広瀬です(^^)/

寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
…とはいえ、明後日には春一番が吹くかも?…という予報もあり、春の香りが漂ってきましたね♪

我が家の梅の木も、先日ようやく1輪(o^^o)

梅2016

『三寒四温』。
ここからは、暖かな日と寒い日が交互にやってくる季節ですので、体調にも注意を傾けていかないといけないですね。

さて、そんな気候も落ち着きそうな4月の半ば…
マスターストレッチとボディキーの開発者、Pino Carbone氏が2年ぶりに来日されます♪♪

BodyCodeSystem® 創設者であるピノさんは、イタリアでもっとも有名なダンスカンパニーのプロフェッショナルメンバーで、フィンランド、アメリカ、カナダなどで活躍していた方です。
1980年代にプロフェッショナルダンサーとして踊るかたわらヨガ、マーシャルアーツ、鍼療法、中国整体、指圧、運動療法を学び、その後、ジャイロトニックメソッドのイクイプメントの構築にも携わった経験もある中で、20年以上もの間、アスリート・ダンサーへの指導、またリハビリテーションの場で研究と観察も行っていらっしゃいました。

そんなピノさんのアプローチには、とても不思議な想いをした経験があります。
以前イタリアのスタジオへBESJの研修で10名ほどでお邪魔させていただいた際に、各々の苦手な動きを聞かれました。
そうすると、ピノさんは『苦手』だと言う動きを見るだけで、その人の心の内面にある動きの邪魔をしているものを見抜くのです!そして様々なアプローチの中から、その人に合うものを瞬時に見出して修正をし…その後動いてみると、何とも苦手だったはずの動きがスムーズに!!

IMG_7866

写真は、ピノさんにタイ古式の施術を受けている私です(^^;
私には、タイ古式でのアプローチが有効というご判断をいただいた感じです♪

レッスンは厳しめですが、とても心温かいピノさん。
そんなピノさんの世界観を、皆さまにもぜひ感じていただきたいと思う今日この頃です♪

4月18日(月)19日(火)は東京、21日(木)22日(金)は大阪にて、セミナーやレッスンを行っていただきます!
インストラクターの方はもちろん、トレーナー資格をお持ちでは無い方もご参加いただけるレッスンもありますので、ぜひピノさんワールドを体感してみてください(o^^o)

Mr.

※セミナーの詳細は、下記よりBESJのホームページをご覧ください。
http://www.body-element.org/blog/?p=1582

千葉市中央区 ピラティススタジオ Studio B-Meister


千葉のピラティス - Studio B meister(スタジオBマイスター)

〒260-0028
千葉県千葉市中央区新町1-13 木村ビル3-B
TEL:043-302-7313
MAIL:info@studio-b-meister.com

営業時間/10:00~20:30
(土日祝/19:00・木曜休館)

アクセス情報はこちら